寺下史郎の活躍を新人社員に伝える|新人育成指導のコツ

男の人

新入社員研修で成長する

ガッツポーズの男女

新人社員研修は多くの企業で行なわれています。新人社員研修の大きな目的は、その企業で従事するための基本的な知識や技術を身につけてもらうことです。また会社だけでなく、社会人として覚えておくべき、一般常識などを意識付けることも新人社員研修の大きな目的の1つになります。新人社員研修の形は企業によってことなり、それぞれのスタイルが確立されています。

新人社員研修は、新人社員が入社して間もない時期に行なわれるのが一般的です。新人社員の多くは大学を卒業した人たちがほとんどです。そのため入社したての時期に、まずは学生から社会人へとその立場が変わったということをしっかりと意識づけさせることが重要なのです。会社という大きな組織の中での付き合いは、これまでの学生同士の付き合いとは確実に違います。そのため会社の中で必ず必要になってくるビジネスマナーや基本的なスキルを新人社員研修で取得しておくことで、効率良く自身のスキルアップ、業務の効率化をはかることが出来ます。

新人社員研修の期間は企業によって様々です。入社して1ヶ月から3ヶ月程度の短い期間で研修が終了することもあれば、数年かけて研修を実行する企業もあります。長い時間を研修期間にあてることで、根本からしっかりと教育することが出来ます。すると実践業務に移った時に些細なミスが減りますし、研修期間を乗り越えた自信から積極的に自分のタスクに望む姿勢が生まれます。企業の新人に対する位置付けによって研修内容を変えていくのが最適です。