寺下史郎の活躍を新人社員に伝える|新人育成指導のコツ

男の人

社員研修で学ぶこと

5人の男性と女性

新人社員に求められているスキルを身につけるためには、新人社員研修プログラムを実行するのが効率的です。会社側が新人社員に求めているスキルやマナーとしてはたくさんの種類があります。会社が行なっている業務によってこの項目は異なります。具体的な新入社員に求められているスキルやマナーを考える以前に、社会人としての意識をしっかりと定着させておくことが重要です。学生気分のままの新入社員は、自然と学生時代のノリが会社の中での行動や態度に現れます。新入社員研修では、社会人として持ちあわせておきたい謙虚さや積極性を学ぶことが出来ます。

実務的なスキルとしてはまずは電話対応が実に重要です。電話対応はどの職種でも必要なスキルになります。社外から電話がかかってきた時は、電話対応者が会社の窓口になります。その際に相手に対して、失礼な言葉遣いや間違った対応をしてしまうと、会社のイメージを損ねるだけでなく会社の業績そのものにも影響する可能性が十分にあります。そのため多くの企業では、新人社員研修で電話対応指導のプログラムを実行することが多いのです。相手の姿が見えない電話対応だからこそ、しっかりと正しい対応術を教えておきましょう。以上のスキルやマナーを新人社員に落としこむためには、新人社員研修に対して真摯に向き合わせることが重要になります。指導する側もたかが研修とは思わずに、新人社員研修は企業の未来にとって重要なものであると考えてしっかりと行なっていきましょう。